スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

検査の結果

2007/03/18 Sun 14:54

もこは避妊手術をする予定でした。
もちろん少しでも不安があるのなら手術は中止してくださいと
病院の先生に何度も話し、いつもやる検査より詳しい検査をしてもらいました。

するともこは血液中の傷をなおす成分が極端に少ないことが判明
手術は中止となりました。

ムリして手術をすると血が止まらなくなったり、傷が治らなかったりするからです。

手術が出来ないことよりも検査の結果がショックで
先生と1時間以上話をしたらこの成分が極端に少ないという事は
肝臓に問題があることが一番多くガンの可能性もあるかもしれないとのこと・・。
ショックでショックで病院で泣きそうになりました。

すぐに次の検査の予約をしてその結果が16日にでました。


①結果はガンではないものの肝臓がかなり小さく、今後そのせいで障害がでるかもしれないとのこと。

②傷を治す成分(フィビリノーゲン)が少ないのは先天的な可能性も大きく肝臓が小さいこととも関係してる可能性もある。

③背骨がかなり奇形でいつ歩けない状態になっても不思議ではない

これらのすべてが遺伝性の可能性が強く、肝臓はぐりも他の子より小さめだし、背骨はボストンには多く見られることだと思います。

もこは目も背骨も肝臓も血液も悪い遺伝性の病気を受け継いでしまったということでしょうか・・・。

正直悲しいし、悔しいです。。
繁殖家の方がもっと気をつけてくれたら・・・もっと勉強してくれたら・・・。

もこはこの先、大きな病気をして手術が必要になってもその手術にかなりリスクが伴います。
肝臓も小さいので薬など肝臓に負担をかけそうなものは注意が必要です。

でも親として、もこが生まれ持ったものをすべて受け入れ今出来る事をしてあげる。
もこが幸せに暮らすことができるようにこれからも努力していきたいと思います。

DSC00105.jpg


ちなみにもこは元気ですよ~~~。
私が無意識にため息をついても心配そうに見るのはぐり
もこは旦那にベタベタしています・・・・

DSC00114.jpg
ごめんよ~ぐりりん!!ママもがんばるからね

DSC00103.jpg


沢山のメール・コメントありがとうございます。
お返事できずに本当にごめんなさいです。

今日はちょっと暗い話題になってしまったけど
また明日から明るく楽しくやっていきたいと思いますので
これからもよろしくです
スポンサーサイト
病気 | コメント(14) | トラックバック(0)

ご報告

2007/03/10 Sat 23:40

問題があり、もこの手術はできませんでした。

きちんとブログに書きたいのですが

もう少し落ち着いてから詳しく書きたいと思います。

コメントをくれた方、メールをくれた方にお返事したいのですが

今はうまく説明できないので、もう少しお待ちください。



病気 | コメント(0) | トラックバック(0)

またまた病院へ

2006/11/17 Fri 14:05

数日前から気になってた事・・
それはぐりが異常な程私から離れないことと
尿に血が混じってた事・・・。

ぐりは前にも「尿結晶」をやっていることから
尿結晶か尿結石もしくは膀胱炎じゃないかと思い
いつもいく病院に尿を持っていき検査してもらいましたが
尿検査でもエコー検査でも異常がないことから
様子をみることにしていました。

それから数日間は出血もなかったのですが
昨日の夜になってぐりが座った後に赤黒い血が点々と・・・。
不安になった私はいつもの病院に電話したのですが
ぐったりしていなければ明日でも大丈夫と言われました。

昨日はほとんど寝れなかったのですが
迷った末に片道1時間かけて大学病院へ行きました。
すると病院は勉強会で休診日!!
でもこのままだとぐりが大変なことになるかもと思った私は
ずうずうしくも急患のふりして見てもらうことに。DSC09509.jpg
ああ・・もこは泡ふくから置いてきたよ・・・。


1時間以上、検査したり先生とお話した結果としては
膀胱などが原因とは考えにくく、考えられるとすれば発情による出血かもしれないとのこと。
ポリープである可能性もないとは言えないが今の段階ではエコーでは見えない。
(小さいポリープはエコーにはうつらない)
どちらにしろあまりいいことではないのでそのうち子宮は摘出したほうがいいとのことでした。
緊急を要するものではないので手術はどこの病院でやってもいいとのことでしたが若くて体力があるうちのほうがいいみたいです。

実はぐりは避妊手術(大学病院ではありません)では卵巣しかとっておらず、子宮はそのままなのです。
それは私が希望したことではなく、あとでそのことを聞かされたのです。
私としては避妊手術のときにはどちらも摘出してもらえるものと思っていたので
聞いた時はかなりショックでした。
とってくれないと子宮の病気になる可能性が残ってしまう・・と思ったからです。

ぐりは避妊手術の時には麻酔で心拍が低下したことから
もう手術はさせたくないとおもっていたのに・・。
私が避妊手術の時にちゃんと話をして子宮もとってもらえば
何度もぐりを危険な目にあわせずにすんだかもしれない。。
馬鹿なママを許してね・・・ぐり。

まだ手術はやるかどうかも決めてはいないけど
自分なりに色々調べてから決めたいと思います。

出血が続くようならばまた検査は必要になりますけどね。

帰ってきたらもこが「ぎゃお~~~ん!ぎゃお~~~ん」と叫んでおりました・笑
だしてあげると、ぐりとバトル・・そして久々に寄り添って昼寝

DSC09511.jpg
寒いからなのかぐりは何度も目をあけたり閉じたりするので毛布をかけてあげると・・・・

DSC09512.jpg
すぐに熟睡・・・イビキが聞こえてきました

もこもやっとぐりと寝てもらえて幸せそうだな~~
いつまでもこの幸せが続くようにママは頑張るからね
病気 | コメント(20) | トラックバック(0)

遺伝性の病気

2006/08/09 Wed 22:00

遺伝性の病気・・それは生まれた段階分るものもありますが
ほとんどは成長と同時に分ったり、でてきたりするものが多いようです。
そしてもこも例外ではありませんでした。
もこがかかった病気は角膜ジストロフィーです。

ある日突然、目の中心に小さい点ができて、それが少しずつ大きくなりました。
今では両目に白い点が出来て進行を抑えるために毎日目薬をさしています。
病院の先生の話では、もこの目の状態があまりよくないことと
進行が他の子より早いとのことで定期的に検査にいっています。
今はまだもこはそんなに気にしていないようですが
あまり進行が進むようだと視界が狭まり、痛みも伴うこともあるともことでした。
この病気は薬などでの完治はほとんど望めないらしく
手術をしても再発の可能性が大きいらしいです。

遺伝性の病気はある程度は育ててみないと分らない事もありますし
育てていく上で絶対病気にならないという保証はどこにもないことは分っています。
でももこの場合はもこと近い親戚も同じ病気になってるという噂を聞いたので
その事実をブリーダーさんに知らせたくてお店を通して伝えましたが
答えは「その白い点は消える事もある」とのことでした。

そのことを聞いて私は悲しくなりました。
もこの病気がとても軽いものと考えられてるみたいに思えたのです。


うまくまとめる事ができないのですが、
どんな犬でも病気になる可能性はあるとは思いますが
繁殖する方が大きい小さいにかかわらず「遺伝性の病気」をなくする
努力をしてくれないと病気の犬はどんどん増える一方だと思います。
そして苦しむのは犬なんだということを分って欲しいです。

一般家庭の方でも繁殖を考えてる方はいると思います。
考えて欲しいのは「病気になったら責任をとる」ということではなく
「病気になってしまった犬の痛み」です。
責任をとるといっても犬の痛みをかわる事はできません。
辛い思いをするのは飼い主ではなく犬なんだということを考えた上で
正しい結論をだして欲しいと思います。

DSC08526.jpg
もこの目の中心に見える白い点が見えるかな?


かなり偉そうなことを書きましたが、今の私の正直な気持ちです。
気を悪くされた方がいましたらすいません。

病気 | コメント(39) | トラックバック(0)

アレルギー

2006/06/05 Mon 15:21

まだもこがアレルギーと決まったわけではありませんが
前から疑いをもってはいたので色々調べたり考えたりはしていました。

私自身が中途半端な性格なので「西洋医学」の方がいいとか
「東洋医学」は絶対だとかいう考えはもっておらず
いいところはどちらでも取り入れていきたいと考えています。
おそらくワンコも人間と同じで体質は違いますし
痛みや痒みに対する反応なども違ってくると思います。
その上で薬で痛みを取り除いたり痒みを和らげたりすることも必要だと思いますし
薬などを使ったら「排毒」も必要だと考えています

私なりに色々考えて「アレルギー検査」をする前に
食事をかえて様子を見たいと思っています。

参考にしたのは「愛犬のための手作り健康食」
su1.jpg


この本によるとアレルギーをもつほとんどのワンコが2つの原因を抱えてて
1つは・・腸の調子がよくないことで肌にあらわれる
2つめは・タンパク質の体内処理がうまくいっていない

確かにもこはお腹の調子がすぐに悪くなるこだし体臭もぐりよりキツイし耳もネトネトしてる。。

十分考えられることだと思いこの本についているレシピで
「低タンパク」の食事を作り体質改善をしようと思います。

おそらくアレルギー検査をすればいっぱいアレルギー反応はでるとは思いますが
それをすべて排除するのではなく体質からかえて少しずつ色んなものを食べれるようにしたい。。
この本を書いた須藤先生によるとそれが出来るようになる
ワンコが多いらしいので挑戦しようと思いました。

ただ個体差もありますし他の子によかったからといってもこにもいいとはかぎりません!
でもやってみないと何も始めリませんので今日から初めてみようと思います。
DSC07685.jpg
はいはい・・・

そして・・またもや大きな買い物?をした私・・。
それはアロマ
ハイハイ・・私に似合わないことは分っております
でもアロマで「虫よけ効果」・「消臭効果」・「除菌効果」・「排毒効果」
などなど色んなプラス効果があるらしいのです
まだ物はきてないけど、ぐりもこ&私のために活躍してくれそうです。
病気 | コメント(11) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。